自社ホームステージング

自社でホームステージングをするメリット・デメリット

自社ホームステージング

今注目の「ホームステージング」住宅販売時の営業効率、住宅の価値を大幅アップ!ハウスメーカー様必見です
⇧上のブログでご紹介したように欧米では当たり前の「ホームステージング」ですが、日本国内においてもホームステージングを導入する不動産は増えてきています。

しかし、住宅流通の大半が新築物件を占める日本において、ホームステージングはまだまだメジャーとは言えません。この手法を検討する際「どこに委託したら良いの?」「自社で出来ることなの?」とわからない点の方が多いと思います。

そこで自社・他社でホームステージングをするメリット・デメリットをあげてみました。

コスト

ホームステージャーを外部委託しコーディネートした場合、少なく見積もっても数万円(相談程度)から数十万円単位のコストがかかります。自社でホームステージャーを育成すれば他社に委託する分のコストの削減はできますが、ホームステージャーの資格取得には2級で3万円程度・1級取得には10万円程度の費用に加え資格取得までにある程度の期間が必要になります(その後資格継続に年会費が別途必要)。

技術と知見

上記のように外部に頼らず自社でするという経験は、ホームステージャーの知識を持つ社員を育成する、もしくは専門知識を持ったスタッフを雇うことで会社の財産になります。試行錯誤しながらでも専門スタッフを育てる時間や人材を雇う固定費があれば自社の財産にもなるでしょう。
逆に、様々な知見や技術をすでに持っているホームステージング会社にアウトソーシングすることは効率的かつ完成度が高い状態を短期的に得られるのが大きなメリットです。

自社製品の販促

自社が家具専門店やインテリアメーカー営む会社だった場合、もしくは関係業種の知り合いがいれば、ステージングに使う家具や雑貨の販売促進がでできますがそのようなケースは少ないでしょう。また、自社製品を使うことだけではホームステージングとして不十分です。

外部委託でのステージングを選ぶなら、家具屋や雑貨屋、インテリアを扱う業種と連結した不動産やハウスメーカーを選ぶことがおすすめです。

撮影や広告媒体

プロのカメラマンへ依頼するということはコストがかかります。クオリティーやカット数などこちらの希望が多ければコストも増える可能性があるのに対し、これらを自社で行えば成果物の保護やコスト削減になります。しかし、自社で撮影となると綺麗に映すためのテクニック、機材、画像加工技術、広告媒体への円滑な共有など骨の折れることは多く、かえって手間もコストもかかります。

まとめ

掃除、整頓、遺品整理、コーディネート、搬送、撮影など専門知識と技術、様々な知見を積んだプロフェショナルを自社で育成するのは大変な時間とコストがかかる上にその人材がいなくなればまた新たな人材を確保しなければいけないという手間を考えるとホームステージング会社に任せるアウトソーシングは大きなメリットと言えます。

ピンポイントで自社の弱みを他社にアウトソーシングすることでコストの削減と自分の業務に集中できる(無駄な投資や固定費をカット)
自社の弱い部分は他社の力を借りることで企業の利益に直結しているコアな業務に集中することができます。
撮影機材の購入や人材のコストも必要な時だけ他社に頼れば固定費や維持費はかかりません。

ピンポイントで自社の弱みを他社にアウトソーシングすることでコストの削減と自分の業務に集中できる(無駄な投資や固定費をカット)

自社の弱い部分は他社の力を借りることで企業の利益に直結しているコアな業務に集中することができます。

撮影機材の購入や人材のコストも必要な時だけ他社に頼れば固定費や維持費はかかりません。

 

ホームステージングがオススメです

ホームステージングは不動産の魅力を引き立て、お客様に物件の魅力を伝えるものです。ネットを中心に物件を選ぶようなことも多い中、ネットでの情報発信は写真で伝わる情報が重要です。実際にモデルルームに来られるお客様もインテリアや雑貨があるのと無いのとでは印象が断然に違います。「家具がついてて良かった!」とそのまま家具ごと購入される方も多いです。

ホームステージングを導入するには

不動産賃貸/不動産売買・販売・売却/リフォーム、いろんなシーンでホームステージングは活用できます。とても手間がかかるのでは・・・?と思われる方も多いですが、しっかりと実績のある会社に任せれば簡単に導入できます。

デザイナーズ家具のモダンでは、ホームステージングの導入のお手伝いをしております。まずはお気軽にお問いあわせいただければ、どのような提案をしてきたか、提案書のサンプルをお送りできます。ホームステージングには相性も大事ですので、お電話などでお話して好みやイメージなどをご相談いただくだけでも構いません。まずはお気軽にお問合せください。

ホームステージングのメイン対応地域

福岡県、山口県、佐賀県、熊本県、大分県を中心に近隣都道府県も対応しております。福岡県内に限らず、ホームステージングサービスについてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

福岡県の市

対応している福岡県の市名です。

北九州市/福岡市/大牟田市/久留米市/直方市/飯塚市/田川市/柳川市/八女市/筑後市/大川市/行橋市/豊前市/中間市/小郡市/筑紫野市/春日市/大野城市/宗像市/太宰府市/古賀市/福津市/うきは市/宮若市/嘉麻市/朝倉市/みやま市/糸島市/那珂川市

福岡県の郡

対応している福岡県の郡名です。

糟屋郡:宇美町/篠栗町/志免町/須恵町/新宮町/久山町/粕屋町
遠賀郡:芦屋町/水巻町/岡垣町/遠賀町
鞍手郡:小竹町/鞍手町
嘉穂郡:桂川町
朝倉郡:筑前町/東峰村
三井郡:大刀洗町
三潴郡:大木町
八女郡:広川町
田川郡:香春町/添田町/糸田町/川崎町/大任町/赤村/福智町
京都郡:苅田町/みやこ町
築上郡:吉富町/上毛町/築上町

福岡県内を中心に広く対応しております。まずはお気軽にお問合せください。

ホームステージングのイメージ資料について

ご希望の方にホームステージングのイメージをまとめた資料をお送りいたします。ご興味のある方は下記フォームにメールアドレスとお名前(名字だけでもOKです)ご記入いただいて資料をご請求ください。併せてホームステージングの導入についての情報をお送りしております。

掲載内容について何かありましたらメールでのお問い合わせをお願いいたします。

050-3597-6573

平日 10:00~17:00

お問い合わせ

メールは24時間受け付けております。

こちらの記事も読まれています。

  • 仕事の能率を上げる!?オフィスのデスクに必要な備品7選仕事の能率を上げる!?オフィスのデスクに必要な備品7選 オフィス移転に際して「新しいオフィスでは業務の効率化を推進しよう!」と思われるのなら、日頃の作業現場を刷新する必要もあります。 仕事の効率化を図る上で、デスク周りの整理整頓は必須 デスク周りが雑然としていると、作業効率が悪いというのはどなたもご存知でしょう。 書類を探したり、クリップ一つ使うために手間取ったりするのは時間の無駄であるとともに、散らかしている作業員自身にとっても […]
  • イームズやミース・ファン・デル・ローエといったリラックス空間を演出するデザイナーズ家具イームズやミース・ファン・デル・ローエといったリラックス空間を演出するデザイナーズ家具 デザイナーズ家具と言うと、奇抜な、存在自体が他を圧倒するものを想像する方もいらっしゃるかもしれません。私も、昔はそう思っており自分の好みとは違う世界だと感じていましたが、家具の仕事を始めてからその考え方はガラリと変わりました! 例えばシェル型で良く知られるイームズの椅子は、イームズというデザイナーの名前よりも特徴的な形の椅子の名前として有名になりました。 カラフルで色の選択肢 […]
  • コンセプトで決める!オフィスレイアウトの選び方コンセプトで決める!オフィスレイアウトの選び方 事業を始めるにあたって、その企業の経営理念やコンセプトって、会社の雰囲気づくりのためにも重要なポイントですよね。オフィスという、いつも仕事をする空間もコンセプトに合わせたレイアウトにすることで、社内の士気を保つきっかけになるかもしれません。 コミュニケーションや人同士のつながりを活発にしたい会社、プライベート空間を大事にしたい会社、個人の力を120%発揮したい会社… それぞれ […]
  • オフィスの壁・壁面のデザイン・レイアウト事例を紹介!オフィスの壁・壁面のデザイン・レイアウト事例を紹介! 従来の「デスクがあれば仕事ができる」という考え方から、「企業理念」や「従業員の満足度と生産効率」「採用した従業員の定着」などの観点から機能的でお洒落なオフィス作りに注目が集まっています。 色々なオフィスの壁デザイン・レイアウト事例 視覚的に壁が占める面積は大きいので、壁の印象を変えるだけでも、かなり雰囲気が変わります。 色が人に与える心理的印象 オフィスデザインの元となるコン […]
  • ジェネリック家具も多数販売されている巨匠。ル・コルビジェというデザイナーについてジェネリック家具も多数販売されている巨匠。ル・コルビジェというデザイナーについて ル・コルビジェの来歴 ル・コルビジェは時計職人の父とピアノ教師の母の元に1887年に産まれました。父に続こうと時計職人の道を志していましたが、視力が悪かったことでその志は断念せざるをえなかったようです。成長して、美術学校に入学したコルビジェは建築家としての才能を見いだされ、メキメキと頭角を現していきます。その中で、多くの建築物とともに「モジュロール」という計算方式を生み出しま […]
  • 伝統的な技法を用いた作品を作った、ヘーリット・トーマス・リートフェルトというデザイナーについて伝統的な技法を用いた作品を作った、ヘーリット・トーマス・リートフェルトというデザイナーについて ヘーリット・トーマス・リートフェルトの来歴 オランダを代表する建築家であるヘーリット・トーマス・リートフェルトは、1888年ユトレヒトに生まれました。家具職人である父の元で修行し「だぼ継ぎ」「ほぞ継ぎ」など伝統的な技法を用いた家具を制作しました。1911年に独立し、1918年にはモンドリアンらとともに芸術運動デ・ステイルに参加しました。 ヘーリット・トーマス・リートフェルトの […]
PAGE TOP