サードプレイスプレスはホームステージング オフィスインテリアなどについての情報サイトです。

 オフィス移転 基本計画

法人のお客様必見!オフィス移転は適切なオフィスレイアウトと寸法を見直すチャンス

生産性、デザイン性、採用効果を期待した投資としてのオフィス空間

仕事の効率を上げるためには、オフィスのレイアウト計画が重要です。特に、細かい事になりますが、オフィスのレイアウト寸法などにも気を配りましょう。大切なところなので、しっかり押さえておくと仕事の効率があがる良いオフィスになります。

今回は、最適なオフィスのレイアウト計画をつくる上での考え方や通路のスペース、デスク周りの寸法など、オフィスで必要になってくるポイントを紹介しましょう。

適切なオフィスレイアウトにするためには

オフィスのレイアウト前に仕事を行う上で、どのようなワークスペースが必要なのかを整理する必要があります。ワークスペースといえば、受付や執務室、ミーティングルーム、役員室や休憩室、ロッカーなどがあげられます。

オフィスの規模などによっては、休憩室とミーティングルームを兼ねるといった場合もあるでしょう。小規模オフィスと大規模オフィスでは、必要になってくるレイアウト空間も変わってきます。オフィス自体の大きさを、考慮して決めていきましょう。

機能空間を選別することを「ゾーニング計画」と呼びます。オフィスゾーニングとは、執務エリアやミーティングエリア、受付などのオフィス空間を使いやすいように、大体の大きさを決めて割り振りしていく作業です。

入念なゾーニング計画を決めておかないと、次のレイアウト計画に移ることが困難でしょう。考え方の一例としては、応接室やミーティングルームなど来客を迎えるスペースの近くには、営業部の執務スペースを設けるなどが考えられます。

オフィスレイアウトをつくる上で効率の良い動線とは?

動線とは、人が動く道筋のことです。オフィスの動線は、仕事の作業効率を良くするために、きちんと考えなくてはいけません。2人すれ違うのために必要なスペースや、デスクを並べたときの通路スペースなど多岐にわたります。

オフィスのレイアウトと寸法は、この動線計画と密接な関係があります。一番、重要視したいポイントは、「限りなくシンプルな動線計画」です。できるだけコンパクトな動線を意識しましょう。

人と人が交差しないよう、回遊性も考慮すると良いでしょう。オフィスのレイアウトで人と人がぶつかってしまうような動線計画は、動きにくく作業もし難くなります。また、入り組んだオフィスになってしまうと、せっかく来社した顧客も迷ってしまい迷惑をかけてしまうかもしれません。

動線計画は、地震や火事などの災害時のときにも関係します。出入り口や非常口などレイアウト上の寸法も考慮して、スムーズに避難できるような動線計画が必要です。命にも係ることなので、疎かにしないように注意しましょう。

 

オフィスレイアウトの基準になる寸法(執務エリア)

オフィスのレイアウトを考える上で基準となる寸法があります。おおよその寸法を、把握して使いやすいオフィスにしましょう。執務エリアでは、快適に仕事ができるレイアウトを考える必要があります。

デスクの大きさなども大切な要素ですが、意外と見落としがちなものが、人が行き交う通路のスペースです。人の肩幅は、約45cmとされています。そのため、メインになる通路は人と人のすれ違いや余裕を考慮して、最低120cm程度は確保しましょう。できれば、135cm以上あることが理想的です。また、デスク間の通路は80cm〜90cm位が適しています。

人が、仕事する上での作業スペースも考慮しましょう。デスクとチェアを配置したときの、目安になるサイズがあります。1人あたりのデスク周りサイズの目安としては、1人2坪は必要だと言われています。しかしオフィス自体のサイズによっては、2坪以下といったレイアウトになることもあるでしょう。作業効率を考えても、出来る限り2坪以上は確保したいところです。

オフィスレイアウトの基準になる寸法(ミーティングルーム・応接室、休憩室)

執務エリア以外にもオフィスには、ミーティングルームや応接室、休憩室などのエリアも必要です。居心地の良い休憩室や、スムーズな打ち合わせができるミーティングルーム、落ち着いた雰囲気の応接室など、各エリアには適切なレイアウト寸法があります。

休憩室やミーティングルームなど、選ぶ家具にもよって必要スペースが異なってきます。例えば、長さ120cmの長方形テーブルよりも直径100cmの円テーブルのほうが、広くスペースを要します。出来る限り省スペースにしたい場合には、長方形テーブルを選ぶようにしましょう。

応接室は、会社にとって重要な顧客を迎える場所です。家具なども、ソファなどを設置することが多いため、ゆったりとしたレイアウトを考える必要があります。

ソファとローテーブルの間のスペースは30cmほどあると、横を向いて歩ける寸法です。スペースとして欲しい基準寸法は、40cm~50cmくらいでしょう。応接室は、あまり狭すぎると窮屈さを感じます。応接室を設置する場合は、最初のゾーニング計画のときからスペースを確保しておくことがベストです。

まとめ

オフィスで快適に過ごすために、きちんとしたレイアウトと適切な寸法を把握しておくことが必要です。毎日過ごす社員のためにも、仕事しやすい空間をつくるようにしてくださいね。

ホームステージングがオススメです

ホームステージングは不動産の魅力を引き立て、お客様に物件の魅力を伝えるものです。ネットを中心に物件を選ぶようなことも多い中、ネットでの情報発信は写真で伝わる情報が重要です。実際にモデルルームに来られるお客様もインテリアや雑貨があるのと無いのとでは印象が断然に違います。「家具がついてて良かった!」とそのまま家具ごと購入される方も多いです。

ホームステージングを導入するには

不動産賃貸/不動産売買・販売・売却/リフォーム、いろんなシーンでホームステージングは活用できます。とても手間がかかるのでは・・・?と思われる方も多いですが、しっかりと実績のある会社に任せれば簡単に導入できます。

デザイナーズ家具のモダンでは、ホームステージングの導入のお手伝いをしております。まずはお気軽にお問いあわせいただければ、どのような提案をしてきたか、提案書のサンプルをお送りできます。ホームステージングには相性も大事ですので、お電話などでお話して好みやイメージなどをご相談いただくだけでも構いません。まずはお気軽にお問合せください。

ホームステージングのメイン対応地域

福岡県、山口県、佐賀県、熊本県、大分県を中心に近隣都道府県も対応しております。福岡県内に限らず、ホームステージングサービスについてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

福岡県の市

対応している福岡県の市名です。

北九州市/福岡市/大牟田市/久留米市/直方市/飯塚市/田川市/柳川市/八女市/筑後市/大川市/行橋市/豊前市/中間市/小郡市/筑紫野市/春日市/大野城市/宗像市/太宰府市/古賀市/福津市/うきは市/宮若市/嘉麻市/朝倉市/みやま市/糸島市/那珂川市

福岡県の郡

対応している福岡県の郡名です。

糟屋郡:宇美町/篠栗町/志免町/須恵町/新宮町/久山町/粕屋町
遠賀郡:芦屋町/水巻町/岡垣町/遠賀町
鞍手郡:小竹町/鞍手町
嘉穂郡:桂川町
朝倉郡:筑前町/東峰村
三井郡:大刀洗町
三潴郡:大木町
八女郡:広川町
田川郡:香春町/添田町/糸田町/川崎町/大任町/赤村/福智町
京都郡:苅田町/みやこ町
築上郡:吉富町/上毛町/築上町

福岡県内を中心に広く対応しております。まずはお気軽にお問合せください。

ホームステージングのイメージ資料について

ご希望の方にホームステージングのイメージをまとめた資料をお送りいたします。ご興味のある方は下記フォームにメールアドレスとお名前(名字だけでもOKです)ご記入いただいて資料をご請求ください。併せてホームステージングの導入についての情報をお送りしております。

送料無料 デザイナーズ家具

掲載内容について何かありましたらメールでのお問い合わせをお願いいたします。

050-3597-6573

平日 10:00~17:00

お問い合わせ

メールは24時間受け付けております。

こちらの記事も読まれています。

ソーシャルボタン

タグ: , , , , ,
PAGE TOP