ホームステージングでお手本にしたいインテリア - ホームステージング 家具・インテリアのコーディネート 福岡県・山口県・佐賀県等対応 | サードプレイスプレス

ホームステージングでお手本にしたいインテリア

ホームステージングをする際のインテリアコーデイネート、頭を悩ませますよね。
基本の構図を意識して撮られた写真には安定感がうまれ被写体の魅力を引き立てます。
基本的なことやセオリーを大切にすることで対象物を魅力的に表現できるのはホームステージングのインテリアにおいても例外ではありません。
ステージングをいちから学習するのはとても時間がかかりますが、お手本にできるインテリアは結構たくさん見つかるものです。
この章ではインテリアのお手本としておすすめできる雑誌や海外ドラマなどを紹介したいと思います。
ぜひ今後のホームステージングにお役立てください。

海外ドラマや映画からお手本を探す

数年前までは、ブルックリンやインダストリアルといったインテリアが人気を集めていました。
「ブルックリン」
海外ドラマ「ゴシップガール」のダン・ハンフリーが住んでいたのがNYブルックリンエリア。お金持ちのアッパーイーストエリアから通うクラスメイトが多い中、ダンはブルックリンの庶民派。ドラマでも出てくるダンの自宅はブルックリンスタイルの王道で参考にできます。
煉瓦の壁に、トルコ絨毯、アンティーク調の味わいあるソファ、かっこいい系のアートといったところでしょうか。アーティスト感を随所に取り入れたおしゃれな男の子のインテリアが見事に再現されています。これぞブルックリンテイストって感じでおすすめです。
ダン・ハンフリーの部屋
「インダストリアル」
インダストリアルはモルタルや鉄鋼、むき出しの天井、アイアン素材の家具などその無骨さが男性を中心に人気でした。温もりのある室内というよりは古びた工業施設や倉庫を思わせるスタイルですね。映画「マイ・インターン」では主演女優アン・ハサウェイが運営するアパレル会社のオフィスが元印刷工場だったという背景をかっこよくおしゃれに演出していて「こんなオフィスで働きたい」と多くの人が憧れたのではないでしょうか。
オフィスの中を自転車で移動するシーンもおしゃれでかっこよく、セットと溶け込んでいるから不思議です。これもインテリアの緻密なセオリーがあってこその演出効果と言えます。
マイ・インターンより
この二つのインテリアは流行りではあったものの北欧スタイルのように定番スタイルになりつつあります。

雑誌からお手本を探す

流行りのインテリアでお手本にしたいのが、先ずは雑誌です。
モダンリビングやエルデコ、アイムホームなどはチェックしています。
モダンリビング:ハイグレードな居住空間を提案するインテリア誌。さまざまな実用情報とアイデアを提供するライフスタイルマガジン。30~40代の女性が中心読者です。
エルデコ:デザインをキーワードにインテリア、住まい、アート、カルチャー、旅など、豊かなライフスタイルをかなえる情報を豊富にお届けしている雑誌です。
アイムホーム:上質なデザインと暮らしを考えるハイエンドなホームデザイン&ライフスタイルの雑誌です。
上記マガジンは海外のインテリアトレンドも押さえてあり読み応えもあります。ホームステージングしたリビングにさりげなく置いておくと内見者が手にとってインテリアへの興味やモチベーションも上がって良いですね。

旬のインテリアにはトレンドカラーを取り入れよう

また、インテリアコーディネートでとても重要なのが「コーディネートカラー」です。
ベース、アソート、アクセントと3色を黄金比率で配色するのが基本になります。
トレンドカラーを取り入れたい場合はアソートカラーやアクセントカラーに持ってくるのが王道です。
また、大変興味深いのがカラーにもトレンドがあるということ。
最近のトレンドカラーはMineralic(ミネラリック)という、わずかに色味を含んだチャコールグレー系を基調にしたカラーグループです。大地のミネラル成分を想像させる色で構成したカラーです。
女性のネイルやファッションを注意深く見てみると・・確かにおしゃれな人ってトレンドカラーをうまく取り入れていますよね。いわゆる「くすみいろ」です。
こちらのサイトではその年のトレンドカラーを抽象的に表現していて読んでいても面白いのでおすすめです。
https://www.jafca.org/colortrend/productsandinterior/2020AW.html (一般社団法人 日本流行色協会)
ホームステージングではトレンドカラーをクッションや小物、アートなどに取り入れることで旬なインテリアに演出することができます。

最後に・・

私たちはステージングの専門知識やセオリーをもってお客様が暮らしたくなるような空間作りをしています。
そんな私たちもホームステージングの先駆けである海外のインテリアを参考にし、多くのトレンドを海外のホームステージャーから得ています。
本場アメリカやオーストラリアのインテリアはハイセンスで日本人好みのものが多く大変参考になります。
SNS上では多くのインテリア事例が蓄積されているので「Instagram(インスタグラム)」「Pinterest(ピンタレスト)」などで #homestager などと検索をすると数々の事例を見ることができますので、ぜひチェックしてみてください。

ホームステージングがオススメです

ホームステージングは不動産の魅力を引き立て、お客様に物件の魅力を伝えるものです。ネットを中心に物件を選ぶようなことも多い中、ネットでの情報発信は写真で伝わる情報が重要です。実際にモデルルームに来られるお客様もインテリアや雑貨があるのと無いのとでは印象が断然に違います。「家具がついてて良かった!」とそのまま家具ごと購入される方も多いです。

ホームステージングを導入するには

不動産賃貸/不動産売買・販売・売却/リフォーム、いろんなシーンでホームステージングは活用できます。とても手間がかかるのでは・・・?と思われる方も多いですが、しっかりと実績のある会社に任せれば簡単に導入できます。

デザイナーズ家具のモダンでは、ホームステージングの導入のお手伝いをしております。まずはお気軽にお問いあわせいただければ、どのような提案をしてきたか、提案書のサンプルをお送りできます。ホームステージングには相性も大事ですので、お電話などでお話して好みやイメージなどをご相談いただくだけでも構いません。まずはお気軽にお問合せください。

ホームステージングのメイン対応地域

福岡県、山口県、佐賀県、熊本県、大分県を中心に近隣都道府県も対応しております。福岡県内に限らず、ホームステージングサービスについてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

福岡県の市

対応している福岡県の市名です。

北九州市/福岡市/大牟田市/久留米市/直方市/飯塚市/田川市/柳川市/八女市/筑後市/大川市/行橋市/豊前市/中間市/小郡市/筑紫野市/春日市/大野城市/宗像市/太宰府市/古賀市/福津市/うきは市/宮若市/嘉麻市/朝倉市/みやま市/糸島市/那珂川市

福岡県の郡

対応している福岡県の郡名です。

糟屋郡:宇美町/篠栗町/志免町/須恵町/新宮町/久山町/粕屋町
遠賀郡:芦屋町/水巻町/岡垣町/遠賀町
鞍手郡:小竹町/鞍手町
嘉穂郡:桂川町
朝倉郡:筑前町/東峰村
三井郡:大刀洗町
三潴郡:大木町
八女郡:広川町
田川郡:香春町/添田町/糸田町/川崎町/大任町/赤村/福智町
京都郡:苅田町/みやこ町
築上郡:吉富町/上毛町/築上町

福岡県内を中心に広く対応しております。まずはお気軽にお問合せください。

ホームステージングのイメージ資料について

ご希望の方にホームステージングのイメージをまとめた資料をお送りいたします。ご興味のある方は下記フォームにメールアドレスとお名前(名字だけでもOKです)ご記入いただいて資料をご請求ください。併せてホームステージングの導入についての情報をお送りしております。

掲載内容について何かありましたらメールでのお問い合わせをお願いいたします。

050-3597-6573

平日 10:00~17:00

お問い合わせ

メールは24時間受け付けております。

こちらの記事も読まれています。

  • オフィスでのリラックスタイムを支える デザイナーズコーヒーテーブル4選オフィスでのリラックスタイムを支える デザイナーズコーヒーテーブル4選 ソファやベッドの側で使えるコーヒーテーブル ソファやベッドの足下に差し込んで使えるコーヒーテーブルです。すべて木製になっており、落ち着いた雰囲気を持っています。 新聞や雑誌を置くスペースもついているので、リラックスタイムを支えるテーブルになるでしょう。 異素材を組み合わせたコーヒーテーブル 木とガラスが組み合わさったコーヒーテーブルです。 天板の中がオープンスペースになってい […]
  • 包み込むような丸みのある優しいフォルムを作り上げた、アルネ・ヤコブセンというデザイナーについて包み込むような丸みのある優しいフォルムを作り上げた、アルネ・ヤコブセンというデザイナーについて アルネ・ヤコブセンの来歴 アルネ・ヤコブセンは「デンマークの父」と呼ばれる、20世紀のデザイン界に大きな影響を与えた建築家です。もともと、画家を目指していましたが、フレミング・ラッセンの勧めもありデンマーク王立芸術アカデミーで建築学を学ぶこととなります。ドイツ出身の建築家であるミース・ファン・デル・ローエの影響を受けた建築や家具は数多く、1952年に発表されたアントチェアを始 […]
  • シンプルで働きやすいオフィスのデザインにするにはシンプルで働きやすいオフィスのデザインにするには 動線をシンプルに 「シンプルにする。」言葉にすると簡単ですが、これが意外と難しいものです。便利にしたい・働きやすくしたいなどの想いからいろいろ取り入れた結果、シンプルでなくなったという方もいるのではないでしょうか?そこで今回は、シンプルで働きやすいオフィスデザインとはどんなものか、どこにポイントがあるのかをご紹介します。 まずはオフィス内の動線をシンプルにしてみましょう。動線 […]
  • 取り入れたい!快適に過ごせるオフィスチェア!取り入れたい!快適に過ごせるオフィスチェア! どんなオフィスチェアをお使いですか? 毎日過ごすオフィス。その中でも最も「オフィスチェアに座っている時間」が長いという方も多いのではないでしょうか?日々仕事で行うパソコン業務や書類整理の時間、そして外食をしないときはランチタイムまで、オフィスチェアは毎日あなたと一緒に働いている“戦友”の様な存在なのです。 そんな戦友とも言えるオフィスチェア、その種類によっては疲れやすかったり […]
  • 法人のお客様必見!オフィス移転は適切なオフィスレイアウトと寸法を見直すチャンス法人のお客様必見!オフィス移転は適切なオフィスレイアウトと寸法を見直すチャンス 生産性、デザイン性、採用効果を期待した投資としてのオフィス空間 仕事の効率を上げるためには、オフィスのレイアウト計画が重要です。特に、細かい事になりますが、オフィスのレイアウト寸法などにも気を配りましょう。大切なところなので、しっかり押さえておくと仕事の効率があがる良いオフィスになります。 今回は、最適なオフィスのレイアウト計画をつくる上での考え方や通路のスペース、デスク周り […]
  • オフィスの顔になる魅力的なエントランスにしたい!オフィスの顔になる魅力的なエントランスにしたい! オフィスの印象はエントランスから オフィスに来られた方を最初に出迎える大切な場所、それがエントランスです。エントランスはオフィスの第一印象を決める場になります。印象に残る魅力的なエントランスはどんなものかご紹介します。 そのオフィスのならではの個性を活かしたエントランス エントランスは「こんな内容の仕事をしています」と表現することが出来る場です。例えば、SNS運営を主としてい […]

前後の記事

  前の記事
PAGE TOP