居心地のよいインテリアとは

似ているけれど全く違う!ホームステージングとモデルルームの違い

モデルルームの役割

モデルルームとは、新築マンションや新築住宅を販売する際の販売促進用の見本です。
ハウスメーカーの持っている技術やその時期のトレンドの集大成をプレゼンする場としての役割を持っています。設備などは実際のものを設置していることが多く実際に触ったり、全ての部屋をじっくりと確認することができます。
通常、家具や雑貨に関しては60万〜200万をかける場合が多くこのセットのままで購入したいと思わせるような効果的な配置や家具選びが施されています。

モデルルームでの家具選び

ワンランクさらにはツーランク上の家具を選んでおり、高級感を持たせるインテリアが王道です。
センスのいい照明や高額な絵画などの芸術品を飾り内装もハイグレードにしている場合が多くどこを見ても申し分のないインテリアと空間演出に焦点を当てています。また、部屋を広く見せるために小ぶりな家具を入れるような手法もとる場合があります。
よりよく見せるために標準設備意外のオプション設備を導入しているケースも多くあります。

ウォークインクローゼットやパントリーでの見せ方

「ウォークインクローゼット」は住まいの憧れのスペースでもあります。
最近のモデルルームでは標準装備になったウォークインクローゼット。
押入れや折れ戸式の収納とは違い文字通り歩いて中に入れるクローゼットのことです。
収納のスペースが広い分やみくもに物をつめると物置状態に!おしゃれにすっきりと収納するには高さや奥行き、幅を考え、「吊るし物」「たたんでしまう物」「背の高い物」「目隠ししたい小物類」などグルーピング※がしやすいように収納アイテムを設置することが求められます。
「パントリー」もまた、多種多様な物が多くなるキッチン専用の収納のこと。
食材のストックや、お酒のストック、たくさんのキッチンツールを持つ人には嬉しい収納スペースです。
食材をストックする場合もあるので、湿気対策やお手入れのしやすさなどの衛生面やキッチンとの動線に注意したパントリーの役割が求められます。
「重たいものは下に、軽いものやあまり出番の少ないものは上に置く」「ダイニングから見える位置に扉のないパントリーがある場合の収納方法=見られてもいい収納」「キッチンから少し離れた位置のパントリー」など様々な条件により求められる機能も変わってきます。

グルーピング※とは

「組分けをすること」ホームステージングでのグルーピングでは色でわけたり、カテゴリーでわけたりしてアイテムがちぐはぐだったり、色が混在し散らかったイメージを防ぐ目的や、統一感を持たせるための手法です。

ホームステージングの役割

ハウスメーカーの最高傑作と言える新築を余すことなく魅力的に演出するためのいわば「見本」であるモデルハウスに対して中古物件や賃貸物件、さらには在宅中の物件をどれだけ短期間に少しでも高値で売却できるか!に焦点を当てたホームステージングとは似て非なるものがあります。
中古物件を売るホームステージングはマイナス要素から始まる現状をプラマイ0にまで引き上げるための清掃、メンテナンス、時には遺品整理などソフト面でのアプローチから始まります。
そして、ターゲットにあった家具選びや配置を施し物件全体を魅力的にする必要があるのです。
また、ホームステージングは物件1棟をよりよく見せることができるかにフォーカスを当てたインテリアをが求められます。
中古物件ならではのメリットを引き出し、高額なモデルルームにはないお得感と満足感を作ることが求められます。

ホームステージングがオススメです

ホームステージングは不動産の魅力を引き立て、お客様に物件の魅力を伝えるものです。ネットを中心に物件を選ぶようなことも多い中、ネットでの情報発信は写真で伝わる情報が重要です。実際にモデルルームに来られるお客様もインテリアや雑貨があるのと無いのとでは印象が断然に違います。「家具がついてて良かった!」とそのまま家具ごと購入される方も多いです。

ホームステージングを導入するには

不動産賃貸/不動産売買・販売・売却/リフォーム、いろんなシーンでホームステージングは活用できます。とても手間がかかるのでは・・・?と思われる方も多いですが、しっかりと実績のある会社に任せれば簡単に導入できます。

デザイナーズ家具のモダンでは、ホームステージングの導入のお手伝いをしております。まずはお気軽にお問いあわせいただければ、どのような提案をしてきたか、提案書のサンプルをお送りできます。ホームステージングには相性も大事ですので、お電話などでお話して好みやイメージなどをご相談いただくだけでも構いません。まずはお気軽にお問合せください。

ホームステージングのメイン対応地域

福岡県、山口県、佐賀県、熊本県、大分県を中心に近隣都道府県も対応しております。福岡県内に限らず、ホームステージングサービスについてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

福岡県の市

対応している福岡県の市名です。

北九州市/福岡市/大牟田市/久留米市/直方市/飯塚市/田川市/柳川市/八女市/筑後市/大川市/行橋市/豊前市/中間市/小郡市/筑紫野市/春日市/大野城市/宗像市/太宰府市/古賀市/福津市/うきは市/宮若市/嘉麻市/朝倉市/みやま市/糸島市/那珂川市

福岡県の郡

対応している福岡県の郡名です。

糟屋郡:宇美町/篠栗町/志免町/須恵町/新宮町/久山町/粕屋町
遠賀郡:芦屋町/水巻町/岡垣町/遠賀町
鞍手郡:小竹町/鞍手町
嘉穂郡:桂川町
朝倉郡:筑前町/東峰村
三井郡:大刀洗町
三潴郡:大木町
八女郡:広川町
田川郡:香春町/添田町/糸田町/川崎町/大任町/赤村/福智町
京都郡:苅田町/みやこ町
築上郡:吉富町/上毛町/築上町

福岡県内を中心に広く対応しております。まずはお気軽にお問合せください。

ホームステージングのイメージ資料について

ご希望の方にホームステージングのイメージをまとめた資料をお送りいたします。ご興味のある方は下記フォームにメールアドレスとお名前(名字だけでもOKです)ご記入いただいて資料をご請求ください。併せてホームステージングの導入についての情報をお送りしております。

掲載内容について何かありましたらメールでのお問い合わせをお願いいたします。

050-3597-6573

平日 10:00~17:00

お問い合わせ

メールは24時間受け付けております。

こちらの記事も読まれています。

  • 会議室の時計はアナログ表示?デジタル表示? 時間を無駄にしない工夫を考える会議室の時計はアナログ表示?デジタル表示? 時間を無駄にしない工夫を考える 業務の効率化を推し進めるためにオフィス移転をするのは、無駄を省く方向転換への大変良い機会です。 今回は会議における無駄の省略について考えてみましょう。 その会議、本当に必要ですか? 共有するだけで済む情報は会議の必要なし 既読が確認できるアプリやコミュニケーションツールを使い、資料を共有するだけで済むことは、わざわざ会議で時間を使う必要はありませんよね。 本当に必要な会議は、 […]
  • 起業の新しい選択肢、東京に増えているバーチャルオフィス起業の新しい選択肢、東京に増えているバーチャルオフィス バーチャルオフィスの基本知識 バーチャルオフィスとは、電話番号と住所のみを借りることを指します。作業するスペースは自宅や取引先など別にあり、借りているオフィスで実際に仕事をすることはありません。(これに対して、作業するスペースも借りる場合はバーチャルオフィスではなく「レンタルオフィス」と言います。) バーチャルオフィスは作業するスペースを借りないため、郵便物は転送することにな […]
  • オフィスの移転計画の作成オフィスの移転計画の作成 オフィス移転は大変な部分もあります。規模によっては検討開始からオフィス移転完了まで年単位の時間がかかることもあります。 出来るだけスムーズに移転を行うためには、手順やスケジュールを大まかに把握しておくことが大事です。 オフィス移転の目的と背景 経営側の戦略としてオフィスの移転を考えている場合には、業務の効率化を図る、ブランディングの確立を図る、企業の知名度を上げる、など具体的 […]
  • キャスター付き家具のメリットデメリットキャスター付き家具のメリットデメリット オフィスにあるキャスター付き家具のメリット オフィスチェア 多くの企業が取り入れているキャスター付きオフィスチェア。座る時も立つ時も、軽い動作で動いてくれて本当に便利ですね。 長時間座ることが多いため、体に負担が少なくなるようなデザインのものを選びます。 回転も楽なので、横にある物を取ったり仕舞ったりする際にも体への負担が少ないと同時に、離着席の時間的ロスや集中力が切れること […]
  • オフィス物件情報の収集オフィス物件情報の収集 オフィス移転のコンセプトが出来るたら、実際に物件探しという段階です。 目的に合った物件を探すにはどのようなことに気を付けて情報を収集したらよいでしょうか? 第一段階~立地や資料~ ・賃借料(賃料、共益費、敷金など) ・賃借面積、立地(交通アクセス) ・地域(社会的な条件) ・業務利便性(顧客との距離、業務上必要な施設との距離) ・生活利便性(通勤、食事、買い物) これらの情報 […]
  • 家具デザイナー「ミース・ファン・デル・ローエ」の傑作、バルセロナチェアのある空間家具デザイナー「ミース・ファン・デル・ローエ」の傑作、バルセロナチェアのある空間 バルセロナチェアとは バルセロナチェアはドイツ生まれの建築家、ミース・ファン・デル・ローエが1929年にバルセロナ万国博覧会の開会式典で、スペイン国王夫妻臨席の為にデザインした椅子です。 ステンレスのフレームをX形に組み合わせ、その上に革でキルティングをした座と背もたれのクッションがのっており、モダンとエレガントを兼ね備えたデザインは時代を超えて愛され続けています。 フレーム […]
PAGE TOP