法人オフィスでも店舗でもクリニックでも!来客用のスリッパ選びに表れる「おもてなしの心」 - ホームステージング 家具・インテリアのコーディネート 福岡県・山口県・佐賀県等対応 | サードプレイスプレス

法人オフィスでも店舗でもクリニックでも!来客用のスリッパ選びに表れる「おもてなしの心」

クライアント様をお出迎え。知っておきたい来客用スリッパマナー

クライアント様をお迎えする際、スリッパの出し方について迷ったことはありませんか?
どのタイミングでスリッパを出すのか、そもそもスリッパを出した状態で迎えるのか?
意外と知らない来客用スリッパマナーと、はき心地の良いスリッパをご紹介したいと思います。

スリッパマナーについて考える

クライアント様に来客用スリッパを出す際、悩むのが
①来客前にスリッパを置いておく
②来客されたタイミングでスリッパを出す。
この二点だと思います。これはマナー的には基本どちらも間違えではない様ですが、大切なポイントとなるのがクライアント様が事前に来るとわかっているか?いないかに関わっていると思います。
もし来客するという事が事前に分かっていれば、事前に何人来客されるか聞いておき人数分のスリッパを用意すると「おもてなしの心」が備わっており、クライアント様からも好印象を受ける事でしょう。しかし、逆に突然の来客の際、スリッパが事前に並べてあれば常にスリッパが並べてある状態なのであまり「おもてなしの心」を感じる事ができないかもしれません。
クライアント様がいらっしゃると事前に分かっている時は事前にリサーチが必要ですし、突然の来客の際は綺麗にしまってあるスリッパを来客のタイミングで出すのがベストと言えるでしょう。

はき心地抜群!クライアント様からも喜ばれるスリッパ

room’s のスリッパ

2016年のグッドデザイン賞を受賞したroom’s のスリッパはいかがでしょうか?
レザー調で上品な印象のルームシューズで、安全性・耐久性に優れ、履き心地も抜群の高機能スリッパです。 軽量・硬くづれなし・ムレにくいの三拍子を備えた『おもてなし』のこだわりを散りばめた日本メーカーならではの名品です。

Minao洗えるスリッパ

Minaoの洗えるスリッパは手洗いはもちろん洗濯機にも対応可能な洗えるスリッパです。
様々なクライアント様が行き来する際、やはり汚れが目立って衛生面も気になりますよね。Minaoの洗えるスリッパなら手洗いでバシャバシャと洗うことも可能ですし、いつも清潔で綺麗なスリッパでクライアント様をお迎えする事ができます。
デザインもストライプ柄で爽やかな印象を受けますし、足入れの部分は低反発のクッションで履き心地もバッチリです。

無印良品の麻綾織インソールクッション入りスリッパ

無印良品の麻綾織インソールクッションスリッパは靴に使われるインソールを中底に使用したクッション性のよいスリッパです。インソールの長さや角度を調整し、履き心地抜群です。こちらもネットに入れた状態で洗濯をする事ができ、清潔感を保つ事ができます。また、これだけのスペックながら購入しやすいお値段というのも嬉しいポイントの一つですね。

スリッパマナーと素敵なスリッパでクライアント様を迎えよう

紹介した来客用スリッパマナーと素敵なスリッパで、大切なクライアント様を「おもてなしの心」で迎えてはいかがでしょうか?

ホームステージングがオススメです

ホームステージングは不動産の魅力を引き立て、お客様に物件の魅力を伝えるものです。ネットを中心に物件を選ぶようなことも多い中、ネットでの情報発信は写真で伝わる情報が重要です。実際にモデルルームに来られるお客様もインテリアや雑貨があるのと無いのとでは印象が断然に違います。「家具がついてて良かった!」とそのまま家具ごと購入される方も多いです。

ホームステージングを導入するには

不動産賃貸/不動産売買・販売・売却/リフォーム、いろんなシーンでホームステージングは活用できます。とても手間がかかるのでは・・・?と思われる方も多いですが、しっかりと実績のある会社に任せれば簡単に導入できます。

デザイナーズ家具のモダンでは、ホームステージングの導入のお手伝いをしております。まずはお気軽にお問いあわせいただければ、どのような提案をしてきたか、提案書のサンプルをお送りできます。ホームステージングには相性も大事ですので、お電話などでお話して好みやイメージなどをご相談いただくだけでも構いません。まずはお気軽にお問合せください。

ホームステージングのメイン対応地域

福岡県、山口県、佐賀県、熊本県、大分県を中心に近隣都道府県も対応しております。福岡県内に限らず、ホームステージングサービスについてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

福岡県の市

対応している福岡県の市名です。

北九州市/福岡市/大牟田市/久留米市/直方市/飯塚市/田川市/柳川市/八女市/筑後市/大川市/行橋市/豊前市/中間市/小郡市/筑紫野市/春日市/大野城市/宗像市/太宰府市/古賀市/福津市/うきは市/宮若市/嘉麻市/朝倉市/みやま市/糸島市/那珂川市

福岡県の郡

対応している福岡県の郡名です。

糟屋郡:宇美町/篠栗町/志免町/須恵町/新宮町/久山町/粕屋町
遠賀郡:芦屋町/水巻町/岡垣町/遠賀町
鞍手郡:小竹町/鞍手町
嘉穂郡:桂川町
朝倉郡:筑前町/東峰村
三井郡:大刀洗町
三潴郡:大木町
八女郡:広川町
田川郡:香春町/添田町/糸田町/川崎町/大任町/赤村/福智町
京都郡:苅田町/みやこ町
築上郡:吉富町/上毛町/築上町

福岡県内を中心に広く対応しております。まずはお気軽にお問合せください。

ホームステージングのイメージ資料について

ご希望の方にホームステージングのイメージをまとめた資料をお送りいたします。ご興味のある方は下記フォームにメールアドレスとお名前(名字だけでもOKです)ご記入いただいて資料をご請求ください。併せてホームステージングの導入についての情報をお送りしております。

掲載内容について何かありましたらメールでのお問い合わせをお願いいたします。

050-3597-6573

平日 10:00~17:00

お問い合わせ

メールは24時間受け付けております。

こちらの記事も読まれています。

  • 訪問先での携帯電話の使用マナーを考えてみる訪問先での携帯電話の使用マナーを考えてみる どうしてる?訪問先での携帯電話の使用マナー 皆さんは訪問先で携帯に着信やメールがあった時どう対応していますか? ビジネスシーンにおいては基本的には訪問先に伺う時は電源をってから入室するというのが理想的ですが、沢山のクライアントを抱えていたり、急ぎの返事待ちの案件を持っていたりすると電源を切ったままの状態では中々厳しいケースもあるかもしれません。 今回は訪問先での携帯電話の使用 […]
  • みんなに教えたくなるオフィスで使える便利な文房具みんなに教えたくなるオフィスで使える便利な文房具 IT化が進み、書類もパソコンで作成するのが当たり前の時代。そんな中で、オフィス文房具は少し陰を潜めています。しかし、文具メーカーの皆さんは頑張っていますよ~。 アイデア商品を開発したり、既存商品の機能性・デザイン性を向上させて進化させたり、ついていくのが大変なほどです。新しい発見の多いオフィス文房具、その中でも「コレ知ってる!?」とつい話したくなるオフィス文房具を皆さんと共有 […]
  • どこに泊まる?福岡市に出張時にチェックしておきたいホテルどこに泊まる?福岡市に出張時にチェックしておきたいホテル 福岡に出張が決まったらまずはホテル選びから始めよう! アジアに近い都市福岡市は「グローバル創業・雇用創出特区」都市としても、観光都市としても非常に注目を集めています。そのため、国内外からのビジネスマンや観光客が非常に多い都市の一つです。 もし、福岡市に出張が決まったら、まずは泊まる場所であるホテルを押さえておくことが先決です。というのも、上記の理由で現在福岡市では、ホテルが不 […]
  • オフィス物件情報の収集オフィス物件情報の収集 オフィス移転のコンセプトが出来るたら、実際に物件探しという段階です。 目的に合った物件を探すにはどのようなことに気を付けて情報を収集したらよいでしょうか? 第一段階~立地や資料~ ・賃借料(賃料、共益費、敷金など) ・賃借面積、立地(交通アクセス) ・地域(社会的な条件) ・業務利便性(顧客との距離、業務上必要な施設との距離) ・生活利便性(通勤、食事、買い物) これらの情報 […]
  • 失敗例から学ぶ業務効率の良いオフィスデザインとは失敗例から学ぶ業務効率の良いオフィスデザインとは オフィスデザインの失敗ってどんな事がある? 何かを行う場合、出来れば失敗はしたくないものですよね。オフィスをデザインする場合も、もちろんそうです。 そんな状況を避けるため、今回は失敗例として「業務効率の悪いオフィスデザイン」をご紹介したいと思います。これらから学び、どうすれば失敗しないオフィスデザインが出来るのか考える参考にしてください。 家具の大きさ・設置場所 オフィスデザ […]
  • 包み込むような丸みのある優しいフォルムを作り上げた、アルネ・ヤコブセンというデザイナーについて包み込むような丸みのある優しいフォルムを作り上げた、アルネ・ヤコブセンというデザイナーについて アルネ・ヤコブセンの来歴 アルネ・ヤコブセンは「デンマークの父」と呼ばれる、20世紀のデザイン界に大きな影響を与えた建築家です。もともと、画家を目指していましたが、フレミング・ラッセンの勧めもありデンマーク王立芸術アカデミーで建築学を学ぶこととなります。ドイツ出身の建築家であるミース・ファン・デル・ローエの影響を受けた建築や家具は数多く、1952年に発表されたアントチェアを始 […]
PAGE TOP