サードプレイスプレスはホームステージング オフィスインテリアなどについての情報サイトです。

 コルビジェのソファ

デザイナーズ家具の代名詞であるル・コルビジェ。応接室や社長室にマッチするコルビジェLC2ソファ

応接室や社長室などに置かれていて存在感を放つソファと言えば、コルビジェのソファです。多くの人からVIPルームに置きたい!と言われるコルビジェのソファについて見ていきましょう。

社長室の定義や役割について考えたことはありますか?

「社長室」という言葉には2つの捉え方があります。1つは「会社の長がいる部屋」であり、もう1つは「会社の長の仕事を補佐する部署」です。いずれにしても会社の方向性を定めたり、経営上必要な面会・会議をしたり、指揮を執ったりしています。

社長室を使うのはどのような人たちでしょうか?
社長にとって居心地の良い部屋であることは良いことですが、

  • 社内のメンバー(主に従業員)
  • 社外から訪れるお客様

という2方向からの視点に気を配ることはとても重要です。

まずはじめに「従業員」にとっての社長室はどんな存在でしょうか?
従業員にとって社長室は特別な場所かもしれません。社長室でなされる話し合いは、「他の従業員に聞かれたくない話」であったり、「ついつい後回しにしがちな込み入った話」の場合もあります。社長室が独立した空間であれば、社内でのコミュニケーションの質を高めることができるかもしれません。

続いて、社外からのお客様から目線で検討してみましょう。
来訪されるお客様が多い場合、対外的な見せ方も考えなければなりません。来客にとっての社長室はその会社の「顔」となる、それほど強い印象を伴うことでしょう。社長室でお客様と打ち合わせをする機会が多いようであれば、応接室としての機能性や心遣いも必要となります。

また、オープンスペースに社長室がある場合、空間を切り分けてデザインすると対外的なイメージの向上を図ることにもつながるでしょう。動線を機能的にプランニングすると、お客様と落ち着いた雰囲気で情報交換できますし、お茶など提供する場合にも負担が少ないことでしょう。

お客様をおもてなしする応接室の役割とは?

応接室は会社だけでなく、公共施設や学校などにもありますね。一般のご家庭にも応接間があるかもしれません。応接室はその名の通り、お客様の対応をするための部屋で、通常来客の便利のため玄関近くに配されています。

企業における応接室は、来客にとってその会社のイメージとして記憶されることも多く、信頼関係を築いたり、打ち解けた会話をする際の鍵ともなってきます。このため、居心地の良さや品格・センス、気遣いなど企業のアピールポイントをダイレクトに伝える絶好の表現スペースなのです。

応接室に通されたご自身を想像してみてください。何に座っていますか?
ソファをイメージされた方はきっと少なくないことでしょう。これまで応接室といえばソファスタイルが一般的でしたが、最近では新たな応接の空間として、ソファではなくチェアに座る、会議室タイプの応接室を作る企業も多くなっています。

その理由は「チェアとテーブルの方がメモが書きやすい」こと、そして「姿勢が反り返らない(座りやすく、立ち上がりやすい)」ことにあります。

逆にいえばメモなどが取りやすく、姿勢が反り返らない(座りやすく、立ち上がりやすい)テーブルと腰掛が望まれているともいえるでしょう。

デザイン性が高くて応接室にもピッタリ!コルビジェのソファ

応接室のインテリアにおいて中心的存在となり、企業のイメージともなり得る設えにお勧めなのがコルビジェのソファです。シンプルながらクールなキューブ型のソファを、どなたも一度は目にしたことがあるかもしれません。

1928年に発表されたコルビジェの代表作は、ニューヨーク近代美術館の永久保存版にもなっている伝説のソファとも言われます。その名作が時代を超えて完全復刻。パイプフレームに革をはめ込んだシンプルなデザインは、座った人を虜にする快適さがあるとして世界中で愛されています。

シャープな中にも温かさ・柔らかさ、品の良さと出しゃばらないスマートさを持ち合わせたデザインは、応接室を数段見栄え良くセンス良く飾ってくれること間違いなしです。色は白と黒があるので、あらゆる壁材や床材との相性もばっちりですね。

ル・コルビジェというデザイナーについて

ル・コルビジェは、中世以降の「石とレンガで構成されていた西洋建築」に革命的な発想をもたらした建築家です。そのデザインは、前衛的で革新的と言われ、上野の国立西洋美術館も彼の作品となっています。

20世紀を代表するコルビジェは、近代建築の礎を築いた一人です。
建築の合理性と機能性を重視し「近代建築の5原則」を提唱した彼は、新しい技術を活かした明るく清潔な住空間を創造しました。

コルビジェの才能は建築に留まらず、家具にも及びます。代表作であるLC2・LC3は家具の歴史を塗り替え、水平・直角・垂直をモチーフとした清潔感溢れる作品となっています。単純な構成で快適さを求めたコルビジェの家具は、GRANDCONFORT(大いなる快適)と呼ばれ、時代を超えて愛され続けてきました。

デザイン性だけじゃない実用性も高いコルビジェのソファ

建築、家具、絵画など多彩な顔を見せるコルビジェは、「モジュロール」と呼ばれる人体工学においてもその才能を発揮します。モジュロールとは、人体の寸法に基づいた計算方法で「いかに自然に、安定した快適さが得られるか」を数値化したものです。

コルビジェの完成させた美しい比率尺度は、建築にも家具にも取り入れられました。コルビジェの作るデザイン性の高いソファは、デザイン性だけでなくその実用性も高く、腰に負担が少ない快適な座り心地にも定評があります。

この快適な座り心地も、人体工学に基づいたモジュロールの為せる業なのです。このコルビジェソファは、リパブリック家具・ジェネリック家具として、素材を変えることでデザイン性、座り心地はそのままに価格帯を広げることに成功しています。

本革製

上質なソファをお求めの方には総本革をお勧めします。しっとりとなじむ滑らかな触り心地は本革ならではの質感で、光沢も良く、社長室や応接室を重厚な品の良さにまとめ上げてくれるでしょう。

合皮製

実用性を求めるのならばPU(ポリウレタン製)のソファもお勧めです。塩化ビニルとは違い、耐久性が高く太陽光などでレザーの表面が剥離する心配がありません。手触りも柔らかいPUは手入れも簡単な上、ソフトレザーと呼ばれるほどに美しい質感です。本革製、合皮製、いずれもフレームはステンレスですから磨けばいつでもピカピカになり、くすむことがありません。

社長室、応接室、エントランスなど、大切なお客様を招き入れる場所には相応しい家具を選んでくださいね。

ホームステージングがオススメです

ホームステージングは不動産の魅力を引き立て、お客様に物件の魅力を伝えるものです。ネットを中心に物件を選ぶようなことも多い中、ネットでの情報発信は写真で伝わる情報が重要です。実際にモデルルームに来られるお客様もインテリアや雑貨があるのと無いのとでは印象が断然に違います。「家具がついてて良かった!」とそのまま家具ごと購入される方も多いです。

ホームステージングを導入するには

不動産賃貸/不動産売買・販売・売却/リフォーム、いろんなシーンでホームステージングは活用できます。とても手間がかかるのでは・・・?と思われる方も多いですが、しっかりと実績のある会社に任せれば簡単に導入できます。

デザイナーズ家具のモダンでは、ホームステージングの導入のお手伝いをしております。まずはお気軽にお問いあわせいただければ、どのような提案をしてきたか、提案書のサンプルをお送りできます。ホームステージングには相性も大事ですので、お電話などでお話して好みやイメージなどをご相談いただくだけでも構いません。まずはお気軽にお問合せください。

ホームステージングのメイン対応地域

福岡県、山口県、佐賀県、熊本県、大分県を中心に近隣都道府県も対応しております。福岡県内に限らず、ホームステージングサービスについてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

福岡県の市

対応している福岡県の市名です。

北九州市/福岡市/大牟田市/久留米市/直方市/飯塚市/田川市/柳川市/八女市/筑後市/大川市/行橋市/豊前市/中間市/小郡市/筑紫野市/春日市/大野城市/宗像市/太宰府市/古賀市/福津市/うきは市/宮若市/嘉麻市/朝倉市/みやま市/糸島市/那珂川市

福岡県の郡

対応している福岡県の郡名です。

糟屋郡:宇美町/篠栗町/志免町/須恵町/新宮町/久山町/粕屋町
遠賀郡:芦屋町/水巻町/岡垣町/遠賀町
鞍手郡:小竹町/鞍手町
嘉穂郡:桂川町
朝倉郡:筑前町/東峰村
三井郡:大刀洗町
三潴郡:大木町
八女郡:広川町
田川郡:香春町/添田町/糸田町/川崎町/大任町/赤村/福智町
京都郡:苅田町/みやこ町
築上郡:吉富町/上毛町/築上町

福岡県内を中心に広く対応しております。まずはお気軽にお問合せください。

ホームステージングのイメージ資料について

ご希望の方にホームステージングのイメージをまとめた資料をお送りいたします。ご興味のある方は下記フォームにメールアドレスとお名前(名字だけでもOKです)ご記入いただいて資料をご請求ください。併せてホームステージングの導入についての情報をお送りしております。

送料無料 デザイナーズ家具

掲載内容について何かありましたらメールでのお問い合わせをお願いいたします。

050-3597-6573

平日 10:00~17:00

お問い合わせ

メールは24時間受け付けております。

こちらの記事も読まれています。

  • LCシリーズが人気のコルビジェ。ジェネリック家具やリプロダクト家具も出回っているコルビジェのカッコいいソファ3選についてLCシリーズが人気のコルビジェ。ジェネリック家具やリプロダクト家具も出回っているコルビジェのカッコいいソファ3選について 人気のデザイナーズ家具として有名なコルビジェのソファですが、どんな種類があるのかご存知ですか?オフィスに1台は欲しいコルビジェのカッコいいソファ3選をご紹介します。 LC2 コルビジェの代表作と言われるLCシリーズ。その中でも人気の高いLC2 […]
  • あなたのかかりつけ病院の待合室、椅子の座り心地は良いですか?あなたのかかりつけ病院の待合室、椅子の座り心地は良いですか? あなたのかかりつけ病院の待合室にある椅子について考えたことはありますか?座り心地について、しっかりと感触を確かめる人は少ないかもしれません。でも、なんとなく居心地が悪かったり、長時間の待ち時間でお尻や腰が痛くなった経験をしたことがある覚えはあるのではないでしょうか。   機能面重視の病院待合室の椅子 病院の待合室の椅子は、座り心地やデザイン性よりも色合いや […]
  • 北欧風やモダン風、レトロ風なオフィスレイアウト、その配色効果とは?業界別にご紹介。北欧風やモダン風、レトロ風なオフィスレイアウト、その配色効果とは?業界別にご紹介。 業界別に解説!オフィスレイアウトの配色効果とは!? 今のオフィスはどんな色で統一されていますか? その色は、企業イメージに合っているでしょうか。自社製品を正しくブランディングできているでしょうか。そして、オフィスで働く従業員の環境にふさわしいでしょうか。オフィスレイアウトを考える際、どうしてもデスクやチェア、キャビネット、 […]
  • 獣医がお勧めするペットがいる家の家具選び獣医がお勧めするペットがいる家の家具選び ペットがいる家は、家具選びにも一苦労があるかと思います。爪による家具の破損などもその一つです。そんな時には、“獣医がお勧めするペットがいる家の家具の選び方”を参考にしてみてはいかがでしょう。 ペット用ラック リビングなどに置くことが多いラックですが、上にペットが登ったりして困った経験のある飼い主さんは少なくないでしょう。そんな時には、ペット用のラックがあります。猫などが喜 […]
  • 介護施設の個室に必要な家具とは?介護施設の個室に必要な家具とは? 介護施設は、介護が必要な高齢者が生活を送る施設です。個々の自室はプライベート空間ですので、置かれる家具についても使い勝手が求められます。さらには、生活空間ですのでデザイン性を求める人も少なくありません。そんな介護施設の個室に必要な家具とはどんなものでしょうか。   衣類を収納する家具 生活空間としての役割のある介護施設の個室に必要な家具とは、第一にタンスな […]
  • 医師が選ぶ姿勢の良くなる椅子医師が選ぶ姿勢の良くなる椅子 普段、何気なく使用している椅子ですが、これが健康面に大きな影響を与えていることをご存知でしょうか。椅子の形状により姿勢が崩れ、肩こりや腰痛の原因となるほか、呼吸が浅くなることで脳への酸素供給量が減少し、集中力が低下したりします。血行低下により自律神経が乱れるなどの症状が現れることもあります。このようなことを引き起こさないためにも、椅子の選びは大切なことなのです。ここでは、医師 […]

ソーシャルボタン

タグ: , , , ,
PAGE TOP