オフィスづくりのルール

オフィス作りの3つの観点

企業の生産性と効率性を上げ、創造的で質の高い仕事をするためのオフィス作り。それは事業戦略のひとつと言っても過言ではありません。
では実際にオフィスを作る際に必要となる3つの観点をご紹介しましょう。

どんなオフィスを作るのか?

どんなオフィスを作るのか? どのようなオフィスであれば経営的生産効率が上がるのかを考えてみましょう。
働く人の能力を十分に発揮でき、活発にコミュニケーションを取れる職場は魅力的ですね。 「どんなオフィスを作るのか?」では全体のスペースをゾーニングすることから始めます。
スペース配分は、受付、会議室、役員室、ワークスペース、リフレッシュエリアなど、どこに配置すれば最適であるかをシミュレーションし、正しい動線かを考えます。
「働きやすいオフィス」とは、従業員のコミュニケーションからアイディアや信頼感が生まれ、それを形にするために、集中できるスペースもあるオフィスではないでしょうか。

どうやってオフィスを作るのか?

オフィスの移転であれば、実際に従業員から「どうだったら使いやすいか?」とヒアリングしてみるのも良いでしょう。「照明が近すぎる」「椅子が高すぎる」「ファイルの収納スペースが少ない」など具体的な意見が聞けるかもしれません。
オフィスを作るにあたり、どんなものを配置する必要があるのか構成要素を考える必要があります。その際、収納スペースを工夫することで省スペースと仕事の効率をアップさせることが可能です。

どうやってオフィスを使うのか?

限られた空間であるオフィスを、いかに効率よく使うかは、その収納をどうするべきかで大きく変わってきます。
「誰が」「何を」「どんな頻度で」使うのかを整理して考えましょう。
パーソナルに毎日使用するロッカーや、日々使う資料は取りやすい位置に。長く保存する必要のあるものや普段使わないものは収納家具などに。工夫して保管すると、収納量を増やすことができます。
 

ホームステージングがオススメです

ホームステージングは不動産の魅力を引き立て、お客様に物件の魅力を伝えるものです。ネットを中心に物件を選ぶようなことも多い中、ネットでの情報発信は写真で伝わる情報が重要です。実際にモデルルームに来られるお客様もインテリアや雑貨があるのと無いのとでは印象が断然に違います。「家具がついてて良かった!」とそのまま家具ごと購入される方も多いです。

ホームステージングを導入するには

不動産賃貸/不動産売買・販売・売却/リフォーム、いろんなシーンでホームステージングは活用できます。とても手間がかかるのでは・・・?と思われる方も多いですが、しっかりと実績のある会社に任せれば簡単に導入できます。

デザイナーズ家具のモダンでは、ホームステージングの導入のお手伝いをしております。まずはお気軽にお問いあわせいただければ、どのような提案をしてきたか、提案書のサンプルをお送りできます。ホームステージングには相性も大事ですので、お電話などでお話して好みやイメージなどをご相談いただくだけでも構いません。まずはお気軽にお問合せください。

ホームステージングのメイン対応地域

福岡県、山口県、佐賀県、熊本県、大分県を中心に近隣都道府県も対応しております。福岡県内に限らず、ホームステージングサービスについてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

福岡県の市

対応している福岡県の市名です。

北九州市/福岡市/大牟田市/久留米市/直方市/飯塚市/田川市/柳川市/八女市/筑後市/大川市/行橋市/豊前市/中間市/小郡市/筑紫野市/春日市/大野城市/宗像市/太宰府市/古賀市/福津市/うきは市/宮若市/嘉麻市/朝倉市/みやま市/糸島市/那珂川市

福岡県の郡

対応している福岡県の郡名です。

糟屋郡:宇美町/篠栗町/志免町/須恵町/新宮町/久山町/粕屋町
遠賀郡:芦屋町/水巻町/岡垣町/遠賀町
鞍手郡:小竹町/鞍手町
嘉穂郡:桂川町
朝倉郡:筑前町/東峰村
三井郡:大刀洗町
三潴郡:大木町
八女郡:広川町
田川郡:香春町/添田町/糸田町/川崎町/大任町/赤村/福智町
京都郡:苅田町/みやこ町
築上郡:吉富町/上毛町/築上町

福岡県内を中心に広く対応しております。まずはお気軽にお問合せください。

ホームステージングのイメージ資料について

ご希望の方にホームステージングのイメージをまとめた資料をお送りいたします。ご興味のある方は下記フォームにメールアドレスとお名前(名字だけでもOKです)ご記入いただいて資料をご請求ください。併せてホームステージングの導入についての情報をお送りしております。

掲載内容について何かありましたらメールでのお問い合わせをお願いいたします。

050-3597-6573

平日 10:00~17:00

お問い合わせ

メールは24時間受け付けております。

こちらの記事も読まれています。

  • 医師が選ぶ姿勢の良くなる椅子医師が選ぶ姿勢の良くなる椅子 普段、何気なく使用している椅子ですが、これが健康面に大きな影響を与えていることをご存知でしょうか。椅子の形状により姿勢が崩れ、肩こりや腰痛の原因となるほか、呼吸が浅くなることで脳への酸素供給量が減少し、集中力が低下したりします。血行低下により自律神経が乱れるなどの症状が現れることもあります。このようなことを引き起こさないためにも、椅子の選びは大切なことなのです。ここでは、医師 […]
  • 開業医必見!子供が過ごしやすい病院の待合室とは?開業医必見!子供が過ごしやすい病院の待合室とは? 「子供が生まれてから、病院にも行けない・・」そんな経験をしたことがあるお母さんは少なくないと思います。子供への感染を恐れることもありますが、一番気になるのは待ち時間での子供への対応です。体調が悪い時に飽きさせないような準備をしていったり、迷惑ならないようにあやしたり、相手をしなくてはならないお母さん。ここで、子供が過ごしやすい病院の待合室についてご紹介しましょう。   […]
  • オフィス移転を成功させる!働き方改革のポイントオフィス移転を成功させる!働き方改革のポイント 2016年夏から本格的にうごき始めた内閣主導の「働き方改革」。大企業も中小企業も改めて自社内を見直してみると、問題点が出てくるものです。 通常業務を続けながら大きな変革を遂げることは容易ではありません。旧態依然とした固定観念や社風が根付いてしまっているのなら、思い切ってオフィスの移転を機に、柔軟で多様な働き方を目指してみませんか? 働き方改革とは具体的にどんなこと? ポイント […]
  • 「自由な発想」は自由なスタイルのホワイトボードから?!「自由な発想」は自由なスタイルのホワイトボードから?! 会議やミーティング、個人の思い付きや大勢でのブレインストーミングなど色々な場面で必要なホワイトボード、皆さんもお使いでしょうか?よく見かける自立式のホワイトボードは書くスペースが限られていたり、脚が出っ張ってスペースを取られたり、移動する手間が面倒だったりしますよね。 どこにだってホワイトボード?! アイデア次第では部屋を狭くすること無く、もっと自由なホワイトボードを設置する […]
  • こんなハズじゃなかった。。。オフィスデザインの失敗例こんなハズじゃなかった。。。オフィスデザインの失敗例 オフィスを移転する際にコストを抑えるため、内装やデザインを自分たちで手掛けたいという話を時々耳にします。しかし空間デザインの知識がないまま実施してしまうと、大変な失敗に繋がることがあります。 オフィスデザインの失敗事例 「オフィス移転のコンセプトは固まった!コスト削減のため自分たちでやってみよう!」と気合が十分なのは良いのですが、コスト削減にならないばかりか、却って使いにくい […]
  • 冷たいイメージになりがちな病院の待合室を明るくしよう。冷たいイメージになりがちな病院の待合室を明るくしよう。 病院の待合室のイメージとはどんなものでしょうか。何となく薄暗かったり、綺麗だけれど冷たいイメージを持ちませんか。病気や怪我でただでさえ気分が落ち込んでいるとき、病院の待合室が明るいだけで気分も少し改善したりするものです。冷たいイメージになりがちな病院の待合室を明るくするには、どのような工夫があるのでしょう。   オシャレな家具で雰囲気を変える 病院の待合室は老若男女 […]
タグ:
PAGE TOP