サードプレイスプレスはホームステージング オフィスインテリアなどについての情報サイトです。

 オフィス移転のルール

オフィス移転先の物件探しをしている際には要チェックです!ビル貸方基準。

オフィス移転時に重要なビル貸方基準とは?

オフィス移転を考え、オフィスの移転先の物件探しを始めます。その際に要チェックなのが「ビル貸方基準」です。「ビル貸方基準」というのは、ビル工事を工事するときの決め事のことです。建物の工事、電気の工事、空調関係の工事など、工事の系統ごとに誰が工事し、誰が支払うかを決めています。この決め事に従って、工事はA工事、B工事、C工事の3種類に分かれます。

ビル貸方基準で決まっているのは以下3つです。

1)貸主と借主のどちらが費用を負担するか
2)どちらが工事を発注するか
3)どちらが保守点検するのか

 

A工事、B工事、C工事の違い

A工事

貸主 借主
費用の負担  ◯
発注者  ◯

貸主が費用負担し、貸主が工事業者に発注します。ビルの本体部分や電気関係、水回り、エレベーターの設置などのビルの機能やビルの資産価値の維持に関わる部分の工事です。

B工事

貸主 借主
費用の負担
発注者  ◯

借主が費用負担し、貸主が工事業者を指定します。借主のために行う工事ではあっても、建物や設備の状況を把握している業者を貸主が指定する工事(空調や防災、電話、電気、水周りの設備工事など)を指します。

C工事

貸主 借主
費用の負担
発注者

借主が費用負担し、借主が工事業者に発注する。借主の都合で行う工事を指します。

オフィス移転時にはビル貸方基準に注意しましょう

物件情報を閲覧するだけでは知りえない場合もありますので、貸主(オーナー側)に確認する必要があります。どちらがどれだけの負担をし、業者を選定し、設計するのかという部分を効率よく計画し進めるためには、専門家にお任せいただくことが望ましいと思います。

ホームステージングがオススメです

ホームステージングは不動産の魅力を引き立て、お客様に物件の魅力を伝えるものです。ネットを中心に物件を選ぶようなことも多い中、ネットでの情報発信は写真で伝わる情報が重要です。実際にモデルルームに来られるお客様もインテリアや雑貨があるのと無いのとでは印象が断然に違います。「家具がついてて良かった!」とそのまま家具ごと購入される方も多いです。

ホームステージングを導入するには

不動産賃貸/不動産売買・販売・売却/リフォーム、いろんなシーンでホームステージングは活用できます。とても手間がかかるのでは・・・?と思われる方も多いですが、しっかりと実績のある会社に任せれば簡単に導入できます。

デザイナーズ家具のモダンでは、ホームステージングの導入のお手伝いをしております。まずはお気軽にお問いあわせいただければ、どのような提案をしてきたか、提案書のサンプルをお送りできます。ホームステージングには相性も大事ですので、お電話などでお話して好みやイメージなどをご相談いただくだけでも構いません。まずはお気軽にお問合せください。

ホームステージングのメイン対応地域

福岡県、山口県、佐賀県、熊本県、大分県を中心に近隣都道府県も対応しております。福岡県内に限らず、ホームステージングサービスについてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

福岡県の市

対応している福岡県の市名です。

北九州市/福岡市/大牟田市/久留米市/直方市/飯塚市/田川市/柳川市/八女市/筑後市/大川市/行橋市/豊前市/中間市/小郡市/筑紫野市/春日市/大野城市/宗像市/太宰府市/古賀市/福津市/うきは市/宮若市/嘉麻市/朝倉市/みやま市/糸島市/那珂川市

福岡県の郡

対応している福岡県の郡名です。

糟屋郡:宇美町/篠栗町/志免町/須恵町/新宮町/久山町/粕屋町
遠賀郡:芦屋町/水巻町/岡垣町/遠賀町
鞍手郡:小竹町/鞍手町
嘉穂郡:桂川町
朝倉郡:筑前町/東峰村
三井郡:大刀洗町
三潴郡:大木町
八女郡:広川町
田川郡:香春町/添田町/糸田町/川崎町/大任町/赤村/福智町
京都郡:苅田町/みやこ町
築上郡:吉富町/上毛町/築上町

福岡県内を中心に広く対応しております。まずはお気軽にお問合せください。

ホームステージングのイメージ資料について

ご希望の方にホームステージングのイメージをまとめた資料をお送りいたします。ご興味のある方は下記フォームにメールアドレスとお名前(名字だけでもOKです)ご記入いただいて資料をご請求ください。併せてホームステージングの導入についての情報をお送りしております。

送料無料 デザイナーズ家具

掲載内容について何かありましたらメールでのお問い合わせをお願いいたします。

050-3597-6573

平日 10:00~17:00

お問い合わせ

メールは24時間受け付けております。

こちらの記事も読まれています。

  • プロジェクト成果の確認プロジェクト成果の確認 オフィスの移転は、引っ越すこと自体が目的ではありません。基本計画書の目的に挙げた点が改善、推進されているかを確認する必要があります。 引越しが終わって「皆さんお疲れ様でした」と言いたいところですが、ここからは利用者は満足しているか、目標を達成できているか、という視点から効果を計測し、その達成度を評価していきます。 この引越し後のアフターフォローが大変重要なのです。 PO […]
  • オフィス移転時の検査マニュアルオフィス移転時の検査マニュアル 消防検査 新しくオフィスを作るにあたり、関係各所への届出を忘れてはいけません。 ここでは消防署への届出を順番にご説明したいと思います。 オフィスの移転が決まったら 最初に考えるべきは、社内に「防火防災管理者」を選定して任命することです。 「防火防災管理者」とは、地域の防火防災協会の行う2日間の講習を受け、正しく資格を受けた人のことを言います。 […]
  • 引っ越し後のアフターフォロー引っ越し後のアフターフォロー オフィス移転後の成果確認に関しては【プロジェクト成果の確認】でいくつかご紹介しました。これは社内的な成果の確認方法でしたが、工事や使い勝手に不具合があった際の対策も必要です。社内アンケート調査などで満足度調査をすると同時に、微調整や改善事項が明確になったら、業者にコンタクトを取ります。 時には建物設備において重大な問題が発覚することもあります。これは借主が改善すべき問題では […]
  • 従業員や施主の考えを整理する。設計要件の整理について従業員や施主の考えを整理する。設計要件の整理について 基本計画書で【コンセプト】【スペース計画】を洗い出したら、設計要件を整理してみましょう。 ・施主や実際に使用する従業員といったユーザー側の要望を整理します。 ・貸方基準を元に、設計に必要な与条件を整理します。 設計に必要な与条件とは? 「こんなオフィスを作りたい」「こういうスペースを取りたい」と希望があっても、実現できるかどうかは条件次第なのです。 例えば消防法や建 […]
  • オフィス移転を成功させるために必要である「ワーキンググループ」について考えるオフィス移転を成功させるために必要である「ワーキンググループ」について考える オフィス移転を有意義な成功に導くには、それぞれ専門性を持ったグループを結成して行います。 ワーキンググループが専門業者の意見や指示を取り入れて推進した方がスムーズに進行することが多いものです。 グループを作る際には管理職だけでなく、若手や中堅社員、様々な部門のメンバーを選別することが大切です。 どのような企業であるかにもよりますが、一般的なオフィスのワーキンググループ分 […]
  • ユーザーインタビューによる課題抽出-オフィス-ユーザーインタビューによる課題抽出-オフィス- オフィスの移転を意義のあるものにするためには、移転計画書の【オフィス移転の目的と背景】【現状把握】についてユーザーインタビューをすることです。 社内で働き、実際に使っている人は「どう感じているのか?」「どう変える必要があるのか?」を把握する必要があるでしょう。現在の状況を正確に理解し、理想形をイメージします。 経営側の視点に加えて、ユーザーの視点など様々な立場から考える理 […]

ソーシャルボタン

タグ:
PAGE TOP