ホームステージング 写真 福岡

ホームステージングの写真撮影術。素人でも簡単にできる撮影テクニック!

InstagramやTwitterといったSNSが普及し今や知らない人の方が少ないといっても過言ではないソーシャル・ネットワーク・サービス。
手軽に撮った写真に様々なエフェクトを加えてとってもおしゃれな1枚に仕上げることも簡単に出来るようになりました。沢山の写真を見ることが日常となった現代人。写真のクオリティーにも厳しくなってきていると思いませんか?

インターネットでのWeb内見が増える中、ホームステージングの撮影は大変重要といえます。

そこで注意しないといけないのは、物件を忠実に内見者に伝えるための撮影です。
いくら撮影テクニックや写真の加工が上手くても実際に部屋を見た時と大きく違っていたらどうでしょう。
「写真ではもっと広かったのに・・」「もっと明るい部屋だと思った・・・」なんて不信感を持たれてしまっては好印象どころか不信感が募りまよね?
カメラの性能や加工技術を上手に使って、お部屋を忠実に、魅力的に撮影する方法とは?
以下の章では写真撮影の基本テクニックに加えホームステージングで求められる写真について解説します。

カメラの基本設定

◉性能の良いカメラ(一眼レフ・広角レンズ)に越したことはありませんが、プロでもない限りそうそう良いカメラも持ち合わせていません。まずは手持ちのカメラがどの程度の機能をもち設定ができるのかを調べてみましょう。最近ではスマートフォンの内蔵カメラでも優れているものがあります。マクロ撮影やポートレート設定で被写体周辺をやわらかくぼかしピント部分を強調できる優れた機能もありますので小物撮影などは簡単にパシャパシャと撮影できる利便性もあります。instagramなどのSNSにも撮ったそばからアップできるのでお手軽ですね。

◉三脚の必要性(水平器のついたものがよりGood)
三脚は必須アイテムですので用意しましょう。写真の基本は水平と垂直を維持し手ぶれのない写真を撮ることです。三脚に水平器がついていると尚Goodです。また、軽い三脚は安定感にかけるので応急処置的にペットボトルなどを入れたナイロンをぶら下げたりするだけでも安定します。
暗めのお部屋を明るい露光で撮影したい時シャッタースピードが遅くなり、ブレや輪郭がぼやっとした写真に仕上がってしまいます。
これらを防ぐためにも三脚は必須です。

撮影の場所と目的を明確にする

撮影時間はしっかりとリサーチをして決めておきます。早朝、日中、夕方でお日様のさす向きが変わりお部屋の印象は大きく変わります。
事前に部屋に差し込む光や角度をよく観察しベストな時間に撮影できるように準備することが大切です。

夕方の撮影ならばポートレートならではの黄昏時の色味や間接照明を利用した雰囲気のある写真が狙えます。その際もフラッシュの利用はしません(平面的で明暗がはっきりと出たインスタント的な仕上がりになるためです。)高度な撮影技術が必要ですが雰囲気のある写真が撮れれば物件の魅力も増すこと間違いなしです。

逆に大きな窓や吹き抜けのあるお部屋の撮影の場合は乾燥した朝が空気も澄んでいて窓の外の青空や庭の緑も綺麗に写せるでしょう。ただし、部屋の中と外の明暗が大きすぎると窓が白とびしてしまいます。露光補正しながら撮影する必要があります。
また自然光をうまく捉え明るい部屋で撮影すると、観葉植物やエレメントが映えセンスのいい写真を取ることができます。

魅力的に見える構図とアングル

構図参照
ゆったりすることが目的のリビングなどはソファーやテレビなどリラックス要素の家具を中心に部屋全体がわかるような広範囲の写真が必要です。
また、家具やインテリアエレメンツで演出した部屋のフォーカルポイントを意識して撮ることをおすすめします。
高い位置からのアングルよりは自分の目線より少し低い位置からのアングルで撮影すると生活する雰囲気に近づけます。
また、トイレやお風呂、と行った狭い空間であれば自然光もしくはそれに近いライティングをし、ハイアングルからの構えます、設備機能なども効果的に映すことができます。
キッチンやダイニングも機能や動線を把握しやすいハイアングルでの撮影が望まれます。

構図は奥の深い撮影テクニックですが基本の水平、垂直をベースに「三分割構図」を意識した撮影ができるとぐっとプロらしくなります。写真を縦横それぞれ三分割し、9個の枠に分割します、それぞれの交点に被写体や強調したい要素をおくことで被写体が映え安定感のある写真になる定番の構図です。カメラの機能で補助線が出るものもありますので有効に使いましょう。

三分割構図

先ほどの写真を分割してみましょう。安定感のある構図になっているのがわかります。

広く・明るく見せるには

◉広く見せる
リビングなどのように広さを見せたい場合、広い画角で撮れるカメラを使いましょう。レンズの焦点距離によって画像にした際の画角が変わります。
焦点距離とは35mmとか100mmとか「mm」でその広さを表します。このmmが小さいければ小さいほど広い画角で撮影ができます。コンパクトデジカメですと「W〜T」と書いてありますが、このWが広角でTが望遠画角になります。
ではどの程度の焦点距離のカメラなら良いのでしょうか
カメラの仕様書に焦点距離と記載があるのでここで17mm〜22mmくらいのレンズ及びカメラ機能があるものを選ぶと広範囲を一枚に収めることができます。
◉明るく見せる
カメラは撮る際の周りの明るさや撮影範囲内の白と黒の割合が影響して人の目ほど忠実に色や明暗を再現できない場合が多くあります。逆光であったり、背景が黒のものであったりすると被写体を白とびさせたり、逆に暗く写したりして思ったように写せないことがあります。カメラのオート機能に頼らず、露出補正を細かく調節し何枚か試し取りをしながらもっとも綺麗に映るところまで撮影して感覚を掴みましょう。
また、暗いからといって内蔵ストロボなどで撮ると平面的なべたっとした画像になるのでフラッシュは使いません。
F値(絞り)を開けてレンズに光を多く取り入れたり、レフ板などで柔らかい光を被写体に当てたりしながら明るさを調整するのが良いでしょう。その際もやはり三脚を使い手ブレをしっかりと防ぐことが大切です。

最後にホームステージングの写真で求められるもの

上記ではカメラの持つ特性を理解して「見せたいように撮る」ための撮影テクニックを紹介しました。
個人が楽しみ配信するブログやインスタの写真と違い、お客様に確かな情報を提供する為の撮影であるということが前提にあるホームステージングの写真。

Web内見では写真がすう枚〜数十枚見ることができます。サムネイルが並びクリックやスライドでコマ送りしながら閲覧するスタイルが多いのですが、一枚一枚の写真の露光(明るさ)や色味が大きく違う、アングルが高い位置からの写真や低い位置からの写真などまちまちで不揃いだと見る際に目をあちこち動かさないといけないようなことになり閲覧者は疲れてしまいます。

多いものは30枚近い写真を記載し見ることができるWeb内見。
見る人がストレスなく確かな情報を見れるように写真の撮影をする。アングル(閲覧者の視線)を均等にできるような撮影とそれを意識した写真の記載順にまで気を配ることができればあなたの物件が選ばれる確率もグッと近づけます。

ホームステージングがオススメです

ホームステージングは不動産の魅力を引き立て、お客様に物件の魅力を伝えるものです。ネットを中心に物件を選ぶようなことも多い中、ネットでの情報発信は写真で伝わる情報が重要です。実際にモデルルームに来られるお客様もインテリアや雑貨があるのと無いのとでは印象が断然に違います。「家具がついてて良かった!」とそのまま家具ごと購入される方も多いです。

ホームステージングを導入するには

不動産賃貸/不動産売買・販売・売却/リフォーム、いろんなシーンでホームステージングは活用できます。とても手間がかかるのでは・・・?と思われる方も多いですが、しっかりと実績のある会社に任せれば簡単に導入できます。

デザイナーズ家具のモダンでは、ホームステージングの導入のお手伝いをしております。まずはお気軽にお問いあわせいただければ、どのような提案をしてきたか、提案書のサンプルをお送りできます。ホームステージングには相性も大事ですので、お電話などでお話して好みやイメージなどをご相談いただくだけでも構いません。まずはお気軽にお問合せください。

ホームステージングのメイン対応地域

福岡県、山口県、佐賀県、熊本県、大分県を中心に近隣都道府県も対応しております。福岡県内に限らず、ホームステージングサービスについてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

福岡県の市

対応している福岡県の市名です。

北九州市/福岡市/大牟田市/久留米市/直方市/飯塚市/田川市/柳川市/八女市/筑後市/大川市/行橋市/豊前市/中間市/小郡市/筑紫野市/春日市/大野城市/宗像市/太宰府市/古賀市/福津市/うきは市/宮若市/嘉麻市/朝倉市/みやま市/糸島市/那珂川市

福岡県の郡

対応している福岡県の郡名です。

糟屋郡:宇美町/篠栗町/志免町/須恵町/新宮町/久山町/粕屋町
遠賀郡:芦屋町/水巻町/岡垣町/遠賀町
鞍手郡:小竹町/鞍手町
嘉穂郡:桂川町
朝倉郡:筑前町/東峰村
三井郡:大刀洗町
三潴郡:大木町
八女郡:広川町
田川郡:香春町/添田町/糸田町/川崎町/大任町/赤村/福智町
京都郡:苅田町/みやこ町
築上郡:吉富町/上毛町/築上町

福岡県内を中心に広く対応しております。まずはお気軽にお問合せください。

ホームステージングのイメージ資料について

ご希望の方にホームステージングのイメージをまとめた資料をお送りいたします。ご興味のある方は下記フォームにメールアドレスとお名前(名字だけでもOKです)ご記入いただいて資料をご請求ください。併せてホームステージングの導入についての情報をお送りしております。

掲載内容について何かありましたらメールでのお問い合わせをお願いいたします。

050-3597-6573

平日 10:00~17:00

お問い合わせ

メールは24時間受け付けております。

こちらの記事も読まれています。

  • 設置企業も増加中、ウォーターサーバーを選ぶポイントとおススメ3選設置企業も増加中、ウォーターサーバーを選ぶポイントとおススメ3選 東日本の震災以降、一般家庭でも良く見かけるようになったウォーターサーバー。 最近ではメーカーや取扱業者数が増えたこともあり、どれを選んだらいいのか迷いますね。 ウォーターサーバー選びのポイントは? 何を基準に選んだらいいのかというポイントをいくつかご紹介します。 契約条件は? 業務用ウォーターサーバーの契約には、「何人以上のオフィス」という契約条件が付いていることがあると同時 […]
  • 獣医がお勧めするペットがいる家の家具選び獣医がお勧めするペットがいる家の家具選び ペットがいる家は、家具選びにも一苦労があるかと思います。爪による家具の破損などもその一つです。そんな時には、“獣医がお勧めするペットがいる家の家具の選び方”を参考にしてみてはいかがでしょう。 ペット用ラック リビングなどに置くことが多いラックですが、上にペットが登ったりして困った経験のある飼い主さんは少なくないでしょう。そんな時には、ペット用のラックがあります。猫などが喜ぶ狭 […]
  • 色や質感、おしゃれなオフィスは壁紙から。デザイナーズ家具と調和をとって理想空間を演出する。色や質感、おしゃれなオフィスは壁紙から。デザイナーズ家具と調和をとって理想空間を演出する。 ワーカーのモチベーションを上げ、オフィスの生産性を向上させるために重要なオフィス環境は、機能性だけではなくインテリアデザイン性も大切です。 事務机と書棚さえあればよかった「仕事をするだけの場所」から「快適な心地よい場所」に変わることで、ワーカーにとって働きやすいオフィスになります。 洗練されたおしゃれなオフィス空間にするにはどうしたら良いでしょうか。 壁紙はインテリアのキャン […]
  • 応接室に最適なデザイナーズ家具とオフィスレイアウト応接室に最適なデザイナーズ家具とオフィスレイアウト 応接室のデザイン・レイアウトのポイント 応接室は従業員同士のコミュニケーションもしくはプレゼンテーションを行ったり、来客者と会議をおこなったりする空間です。とくに来客者にとっては、応接室が会社のイメージとして記憶されることも多く、信頼関係を築いたり、打ち解ける際の重要な役割を果たしています。そんな応接室のイメージを左右する家具について、考えてみましょう。 応接室に合ったデザイ […]
  • プレゼンテーションの目的やタイプに応じた座席の配置を考えるプレゼンテーションの目的やタイプに応じた座席の配置を考える 会議やプレゼンテーションの際に、気を遣うのが座席の配置です。 もちろんプレゼンテーションの内容も非常に大切ですが、より「理解され」「受け入れやすくなる」座席の配置というものが存在することは確かです。 座席の配置スタイル 人数や目的に応じたスタイルを採ることで、議論を深めたり、懇親しやすい雰囲気を作り出したりできるものです。座席の位置による心理的な影響も考えながら、代表的な座席 […]
  • 置くだけで高級感が出るオフィスインテリアたち置くだけで高級感が出るオフィスインテリアたち オフィスインテリアから感じる高級感 オフィスに置くインテリアには、オフィスイメージを決定づける力があります。シンプルなオフィス、オシャレなオフィス、どんなイメージにしようと考えだすと迷ってしまいますよね。そんな中、今回は置くだけで高級感が感じられるインテリアをご紹介します。高級感のあるインテリアを置くと、その場がぐっと華やかになり優雅に来客をおもてなしできます。働いている方々 […]
PAGE TOP